小陰唇肥大の解決方法は手術!|医師への相談が1番

関係が良好になる

寝転がる女性

多くの女性が膣のゆるみについて悩んでいますが、トレーニングや施術で解消することが可能です。自分にマッチする方法を選ぶことが先決でしょう。医師に腕はあるのかというところも見極める必要があります

More Detail

2種類の手術方法がある

微笑む女性

小陰唇肥大をすると下着と摩擦を起こして痛みが走ることがあります。また、恋愛に対しても消極的になってしまい落ち込む毎日が続いてしまうでしょう。そのような毎日から脱出するためにも手術を受けた方が良いでしょう。近年は婦人科形成で縮小手術が受けられるようになっているため、一度医師に相談をしてみるのも良いでしょう。

まず、小陰唇が肥大してしまうのは、先天性やホルモンが関係していると言われています。加齢や慢性炎症も原因の1つと言われていますが、明確な要因は未だ分かっていないのが現状です。小陰唇の大きさが2cm以上になると小陰唇肥大ですので、その場合はクリニックへ行き処置をしてもらう必要性があります。クリニック選びを行なったあとは、適した手術方法を決めましょう。

縮小手術は切開とレーザー2つの手術方法があります。レーザーはダウンタイムが少ないため負担もあまりありません。仕事柄よく動く方はレーザー手術の方が望ましいでしょう。切開手術も一般的ですが、メスを入れるため傷跡の治りが遅いという特徴があります。しかし、費用の安さからこちらの方法を選択する方も多いです。
どちらの方法にしようか悩んでいる方は、仕上がりのイメージをしてみると良いでしょう。そうするとどの方法が適切なのか分かります。また、手術体験者の意見を聞いてみるという方法もあります。実際に手術を受けてどのような違いや効果があったのか参考になるからです。小陰唇肥大を治すためにも手術内容の理解はしっかりとしておきましょう。

手術で痛みをなくせる

笑顔の女の人

大阪には小陰唇縮小手術をしてくれるクリニックがあるため、様々な医院を見て自分に合ったところを見つけましょう。手術を受けることで見た目や機能性が良くなり、コンプレックスを解消出来るのです。

More Detail

医院の選び方

笑う女の人

沢山の女性が通院しているクリニックを選ぶ際は、情報が必要となってくるため婦人科のサイトを利用しましょう。形成手術はデリケートな問題だからこそ、医師の力量が必要なのです。

More Detail