小陰唇肥大の解決方法は手術!|医師への相談が1番

手術で痛みをなくせる

笑顔の女の人

小陰唇は女性器の一部であり、人によって大きさが異なります。左右対称の方もいますが、非対称の方もおりそのことによりコンプレックスに感じている方もいるのです。普段は見ることのない部分ですが、パートナーと性行為をする時に見られることがありますし、外部からの刺激で痛みを感じてしまうことがあるのです。パートナーに指摘をされると恥ずかしい思いをするため、なるべく手術を受けて改善をした方良いです。
大阪のクリニックでは小陰唇縮小手術を行なってくれるため、多くの女性が助けられています。ただ縮小するのではなく大きさやデザイン、なども大阪の医師と相談をして決められるというメリットがあるのです。縮小手術は麻酔をして行ないますので痛みはありませんが、麻酔が切れると多少痛みが残ります。しかし、医師が痛み止めの薬を処方してくれますので問題ありません。

小陰唇が大きいと見た目の問題だけでなく、機能性にも問題が生じるのです。パンツや自転車のシートに擦れて痛みが生じるのです。酷い場合だと出血することもあるため出来るだけ縮小をして刺激が伝わりにくいようにする必要があります。縮小手術しか方法がないため、大阪で技量のある医師を探しましょう。デリケートな部分ですので小陰唇縮小に失敗は許されません。美容形成外科などで手術を受けることが可能なため、各クリニックを比較してみるのも良いでしょう。手術料金や医師の腕や対応、院内の清潔さや自宅からの近さなどを見ることで最適なクリニックを大阪で選べます。